2011年03月04日

【続報】x600 VRRPの切り戻しがうまくいかない



アライドさんから、アライドのルータであるAR同士のVRRPならうまく


動いているとの連絡。


パケットを採取して確認してみると、VRRPマスタに戻った時点で確かに


ARP(GARP)が投げられている。


が、その直後にVRRPアドレスを送信元、送信先としたGARPがReplyしている。


これが正しい動作なんだろうか。


問題が発生しているスイッチのARPログを見てみるとVRRPマスタとバックアップ


同士でVRRPのMACとIPを取り合いしているような感じだ。


とりあえずこの状況をYAMAHAに投げてみた。


現在のところ返信なし。


今日は定時でかえろう。


posted by @yamaju_chige at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。