2011年03月09日

XenDesktop接続時に長時間待たされる



XenDesktop5.0環境でhpのシンクライアント(Windows Emmbeded 2008)


からの接続で時間がかかるので悩んだ。


パケットをとってみるとwpadへのDNSクエリが発生しておりその後に


ベリサインへのクエリが発生していた。


Proxyを通さなければインターネットに出れない環境に置いたシンクラ


イアントで発生していたためPACを定義してみると数秒でXenDesktopへ


接続ができるようになった。


しかし、これは切り分けで本環境はこれではまずい。


ベリサインへのクエリで思い出したのがコードサイニング証明書の期限


を確認しにインターネットに出る.netアプリがあるってこと。


IEの「インターネットオプション」−「詳細設定」


から発行元証明書の取り消しを確認する


のチェックを外せばOKとなる場合がある。


今回はこれで解決できた。


posted by @yamaju_chige at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。