2011年04月25日

XenServer5.6 マザーボード交換後、プロセッサ認識で問題発生



XenServer5.6で3台のPool環境を構築。


Poolマスタで障害が発生した。マザー交換となりNICのMACも変わったためXenServerの再インストールを実施。


Poolマスタは別のマシンに引き継がせた。


ハードはIBMのブレード、HS22x3台


が。再インストールしたマシンがこれまで所属していたPoolに入れない。


正しくは、以下のメッセージを吐いて有償版を買ってねと言われる。


Upgrade XenServer to enable Heterogeneous Pools.


Heterogeneous Pools allows hosts with different CPUs to form a resource pool, and virtual machines to migrate betweenthem.


You can learn more about the Heterogeneous Pools feature or purchase an upgrade for XenServer using the buttons below.


どうもプロセッサが異なるマシンのPoolに入るには有償版が必要だよ!


と言っているようだ。


でもでも、さっきまでこのPoolに入ってたんですよ。


マザー変えてXenServer入れなおしただけなんですよ。


なんで??


xe host-cpu-infoでの情報を集めてみると・・・


009ee3fd-bfebfbff-00000001-2c100800


009ee3fd-bfebfbff-00000001-2c100800


029ee3ff-bfebfbff-00000001-2c100800


再インストールした1台だけプロセッサのIDが異なる。


これだからか!XenCenter上で見ただけでは、すべて同じプロセッサとして認識されているのに。IDベースだと違うようだ。


海外のナレッジを見てみると・・・


BIOSの設定によって何とかかんとか〜


BIOSの設定を比較して全く同じにして再チャレンジって事ね。


posted by @yamaju_chige at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。