2011年05月26日

【解決】XenServer5.6 マザーボード交換後、プロセッサ認識で問題発生

以前のエントリ「XenServer5.6 マザーボード交換後、プロセッサ認識で問題発生」
http://inframemo.seesaa.net/article/197681645.html
の解決編。

XenServerでPoolを組んでるIBMブレードサーバについて。
マザーボードを交換した後にプロセッサIDが異なる値となりPoolに参加できない状態となっていたが、IBMからアナウンスが出ていました。
ただし、記述はVMのvMotionに関するものです(笑


VMware vMotionがCPUの互換性エラー CPUID level 0x1 によって失敗する
http://www-06.ibm.com/jp/domino04/pc/support/Sylphd07.nsf/jtechinfo/SYJ0-042B028

uEFIのパラメータによるものらしい。
が、GUI上では確認できないもらしい。。。

uEFI version 1.10以降のバージョンにて、Advanced Encryption Standard New Instructions (AES-NI)の設定の初期値が"Enabled"となっています。version 1.09 以前のものはAES-NIの初期値は"Disable"となっており、この設定に差異がある状態でvMotionを実行すると、上記エラーが発生します。VMware環境で使用する場合には、この値を統一する必要があります。

なんか「えー」って感じの内容だけど、仕方がないので無効化する。

これで無事Poolに参加することができたということで。

【関連する記事】
posted by @yamaju_chige at 08:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。