2011年12月08日

IBMストレージ(DS3500)でエラー219 が出た場合の対応方法

一旦、Windowsのクラスタ環境からマッピングをしたりしたボリュームに対して起こるのかな?

原因についてはアレだけど、一応解決方法だけ。

DS StorageManagerのSubsystemManage画面、Mappingsタブからマッピングを解除しようとすると以下のエラーが表示され、解除ができない。

Error 219 – The operation cannot complete because the logical drive has a persistent reservation placed on it. Please release the reservation at the host and then retry the operation.

Google先生に約してもらうと

エラー219 - 論理ドライブがそれに置かれた永続的な予約を持っているため、操作は完了できません。ホストでの予約を解放すると、操作を再試行してください。

うん。どうやって解除すればいいの?

手順は

1.SubsystemManageの画面上部にあるAdvancedを選択

2.その中のMaintenanceを選択

3.その中のPersistent Reservationsを選択

4.マッピングを解除したいボリュームを選択して「Clear」をクリック

らしい。 
posted by @yamaju_chige at 09:02| Comment(0) | ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。