2011年03月17日

【続報4】x600とRTX1200 VRRPの切り戻しがうまくいかない【完】



YAMAHAから回答があった。


・GARPの動きに問題はないよ。


・L3でVRRPは動かないこともあるよ。


との事。L3スイッチに収容したただけで動かないこともあるとは


想定外。まじ想定外。


L3スイッチに入れているけど同一のVLANだし実質L2でしか動いて


ないと思うんだけどなぁ。


とまぁとりあえずそんなこんなでOSPFで動かす方向としておいて


良かった。


x600は色々と機能を持っているので触ってて楽しい。


スタック構成(VCS)とリング(EPSR)で高速な正常系への切り替


え+OSPFでの経路切り替え。


初めてにしては良くできたんじゃない?


posted by @yamaju_chige at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

【続報3】x600とRTX1200 VRRPの切り戻しがうまくいかない



YAMAHAから5営業日を経過しても回答がないため、VRRPではなくて


すべてをOSPFで制御する方式への転換も想定して設計および構築に入った。


昨日までに平常状態での適切な経路設定および通信ができる事を確認。


これから仮想的に障害を発生させて経路の状態を確認する。


ざっと見た感じ、流入してくれなくて良い経路が流入してる。


RTX1200のOSPFフィルタで制御しているつもりなんだけどね。


もうちょっと色々とやってみる必要がありそう。



→YAMAHAに電話して現状を確認。一応検証を行っているとのこと。


 ただし、VRRPルータをL3スイッチに接続することは想定されていない


 とのこと。まじで?って感じなんだけど一般論としてVRRPはL2上でし


 か正常に動かないものなの?


 ってか、VRRPはL3につながないってのがセオリーだったりするの??


 教えて。エロい人。


posted by @yamaju_chige at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

【続報2】x600 VRRPの切り戻しがうまくいかない



メーカからなかなか回答がないので自分で調べてみた。


・YAMAHAルータ


 1)VRRP切り戻し時にVRRPのMACからARPブロードキャストへのリクエスト


 2)VRRPのMACからVRRPのMACにARPリプライ


・アライドルータ


 1)VRRP切り戻し時にVRRPのMACからARPブロードキャストへのリプライ


このように投げてるARPの種類が違うみたい。


posted by @yamaju_chige at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。